ドローンフロートの装着は“汎用性”を重視しております
その為に、各ドローンの形状によって 購入者が飛行に影響ない場所に装着をお願いします
装着は、ナイロンベルトと同梱されているインシュロックの2種での固定を推奨しております

タテの固定穴を
利用する場合
タテの固定穴を
利用する場合
タテの固定穴を
利用する場合
ドローンを出します 裏面を確認します
図のようにナイロンベルトを通します 1

※縦穴を利用する場合は0-1・0-2・0-3

図のようにナイロンベルトを通します 2

※縦穴を利用する場合は0-1・0-2・0-3

図のようにナイロンベルトを通します 3

※縦穴を利用する場合は0-1・0-2・0-3

バックルのつまみを持ちます 一度バックルを外します

(取付前に破損がないか確認してください)

穴に通します 穴に通します

(通す方向を間違えないようにしてください)

穴に通します

(図の通りの方向で通してください)

引っ張って”遊び”をなくして緩みがないか確認します バックルを通した部分の確認してください

(割れ、破損等)

はめ込みを
確認してください1
はめ込みを
確認してください14
手で引っ張って
確認してください
バックルに損傷がないか再度確認してください 取付位置の検討1
取付位置の検討2 裏面を確認します

(この時点で少し短めにベルトを調整し、緩めながらすると装着しやすいです)

取付位置の裏側で
バックルをセット
機種によって
センサーなどがある場合があります(要注意)
センサーなどが感知する場合は
バックルをずらします
凹凸や段差がある機種の場合
その部分に引っかかるように固定
余分な部分のナイロンベルトを
カットしてください
取付位置を
確認してください
ドローンフロートとドローンに緩みがないか確認してください

完了です

 
取付方法参考例 (拡大版)

装着は、ナイロンベルトと同梱されているインシュロックの2種でドローンフロートと
ドローン本体の固定を推奨しております


インシュロックの代わりに市販されているワイヤーキャッチなどもご利用できます

※ドローンフロートは 『二重結束』を推奨しております